鍵部分と扉部分|ドアの建て付けが悪くなったら即修理業者へプッシュホン

ドアの建て付けが悪くなったら即修理業者へプッシュホン

錠前

鍵部分と扉部分

錠前

賃貸物件に住む場合でも、相談次第でドアを交換してくれることもあります。特に女性の一人暮らしだと不安も高まりますので、それを正直に相談すれば対応してくれるでしょう。では、ドアの交換はプロに行ってもらった方がいいので、近所に頼れる業者があれば把握しておくのもいいでしょう。もしドアが破損してしまった、開かなくなったなどのトラブルが起こっても、緊急時に対応してくれる業者を知っていれば安心です。では、どんなドアがあるのかを自分でも把握しておきましょう。交換の際に取り付けたいものがあれば業者に伝えておくと良いです。交換業者でも独自で製品を取り扱っている場合もありますし、どんなものを利用できるのかを把握しておくと性能に関して質問もしやすいです。

まず、ドアには鍵部分と扉部分があります。鍵がしっかりしていれば空き巣も入りにくいですが、扉もしっかりしたものを選びましょう。最近ではドアに盗聴器を取り付けて中の音を聞き取るような盗聴器も作られていますし、体制を万全に整えた方がいいです。鍵はシリンダー錠がよく使われていますが、このシリンダーでも最近は多くの種類が生み出されています。ディンプルキーとウェーブキーなどがあり、ディンプルキーだと複製を作るのが困難です。ウェーブキーはそれに対してピッキングしにくいように対策されているものです。5分以上ピッキングに耐えられると評価された防犯性の高いものも販売されているので注目しましょう。扉の素材に関してはもちろん蹴破られないような丈夫なものにする必要がありますが、あまりにも重いと子供が開けにくいので適したものに交換してもらいましょう。